エス・ビルド、国内初のレジンテーブル店舗をオープン

オフィスの内装工事を手掛ける株式会社エス・ビルド(本社:大阪府大阪市、代表取締役:澤口貴一)は、銘木とエポキシ樹脂を掛け合わせたレジンテーブルのブランド「MURUI(ムルイ)」の初となる店舗を5月16日(月)に大阪府摂津市の鳥飼銘木町にオープンいたします。

~レジンテーブルの展示からオーダーメイド、木材加工まで~
コロナ禍で在宅時間が増加し内装や空間に対する関心が高まる中、MURUIは「ワンランク上のリッチな空間を提供したい」という想いで2021年6月に誕生しました。
これまでMakuakeやECサイトで展開していましたが、MURUIの魅力を直接感じてもらいたい、敷居の高い銘木と気軽に触れあってほしい、という想いから国内最大級の銘木市場がある「鳥飼銘木町」の地で店舗を構える運びとなりました。
実物でしか味わえないレジンテーブル(※)の独創的なデザインや天然木の肌触り、ぬくもりなど”五感”で楽しみながら優雅なひと時を過ごせる空間となっています。
※木本来の形を活かし、木材の間にエポキシレジン(樹脂)を流し込んだテーブルです。


■MURUIの特徴 ~「水」のような透明感とツヤ~ 

最大の特徴は「水」のように透き通った無色透明のレジンです。これは木本来のぬくもりや造形を際立たせ、自然の美しい表情を魅せるためです。
透明度が高くなるほど脱泡作業やレジンを流し込む作業に高い技術を要するため、透明のレジンテーブルは国内でも数社(※2)しか販売されていません。MURUIでは試行錯誤を繰り返し、透明度の高さと独自の研磨技術によるツヤを実現しています。
※2:自社調べ





■店内の様子

<ショールーム>
MURUIでは銘木の買い付けからデザイン、製造、販売、メンテナンスまで一貫して行っています。
オーダーメイドの場合、店頭で専門スタッフと職人が直接お客様にヒアリングし、一緒に進めていきます。天然木の無垢材はすべて一点ものです。
表情や形、杢目など個性あふれる無垢材に触れながら、自分たちで樹種を決めてデザインする、世界に一つだけのテーブルを作ることができます。






■店舗概要
店名 : レジンテーブル専門店 「MURUI」銘木町ラボ
住所 : 〒566-0062 大阪府摂津市鳥飼上3-3−35
電話番号 : 072-646-7915
営業時間 : 10:00 ~ 18:30 ※不定休、HPに記載
オープン : 2022年5月16日 (月)
販売物 : レジン・リバーテーブル
WEBサイト : https://s-resin.jp/
Instagram : https://www.instagram.com/murui_resin/

■「MURUI」について

~美しい自然の造形を持った天然木とクリアレジンを掛け合わせたレジンテーブル~
「MURUI」=「無類」、
「無類」は他にないもの、比べるものが無い、唯一無二、という意味です。
リバーテーブルの主役である天然木は育つ環境によって形を変化させ、2つとして同じ物はありません。リバーテーブルは、自然の厳しい環境の中で長い時間をかけ強固で暖かみを併せ持つことができる、天然木そのものとレジンを重ね合わせた作品です。品質は勿論のこと、独自の発想や想像力で他にはない「無類のリバーテーブルブランドになりたい」、そんな想いが込められています。

■エス・ビルドとは
2003年大阪市西区にて「オフィスに特化した内装工事会社」として設立し、年間2000件以上のオフィス内装を手掛けています。工事会社の中でも「オフィスの内装工事」に特化することで豊富な技術とスピード力を強みに取引社数、工事件数ともに増加させてまいりました。
経営ミッションとして”唯一無二の内装工事会社”を掲げ、建築業界の模範となるような企業を目指しています。これは、こんなにいい内装工事会社があるんだ!という意味での”唯一無二”と建築業の枠にとらわれず、様々な課題や問題に対し挑戦し続けるという意味での”唯一無二”が込められています。

【会社概要】
社名 : 株式会社エス・ビルド
所在地 : 大阪本社 大阪府大阪市中央区道修町1-5-18 朝日生命道修町ビル1階
     東京支社 東京都台東区柳橋1-1-11 イーストサイドビル 1階
代表 : 代表取締役 澤口貴一
設立 : 2003年8月
事業内容 : オフィスエントランス、各種造作物デザイン施工

<本件に関する問い合わせ先>
株式会社 エス・ビルド 東京支社  広報部 : 鈴木
住所 東京都台東区柳橋1-1-11 イーストサイドビル 1階
TEL 03-5825-9551   FAX 03-5825-9552
MAIL y-suzuki@s-build.jp